自然素材の木の家づくり|愛知で木造注文住宅なら永井政光建築設計事務所

  「匠×DESIGN」。 年5棟上限で、適正価格の家づくり。

  |木の家ナチュラルstyle町家style工務店ブログお問合せ

装飾画像

HOMEへ > 作品集 > 木の家 > むくり屋根の家


むくり屋根の家|愛知県|注文住宅

木の家/新築/小牧市/35坪~40坪

[ 風流な、和の家。 ]




むくり屋根の家の外観

シンプルな大屋根に包まれた、南側正面の外観。
国産の木と漆喰でつくった、上質な自然素材のデザイナーズ住宅 。





漆喰壁の木造住宅の外観

玄関ポーチ廻り。低い軒の出が気持ちいいです。





むくり屋根の家の外観

東側の外観。緩やかなむくり屋根の家です。 外壁は漆喰仕上げで、味のある質感や純白の清潔感に満ちています。





東濃桧の濡縁  東濃桧の濡縁

左/広い東濃檜の濡縁。天井を低くし、居心地抜群です。
右/濡縁を上から見る。





無垢の木と漆喰のリビング

キッチンからリビングを眺める。
右側にある太い柱は、24cm□もある、綺麗な檜の大黒柱です。





桧の神棚  タモのキッチンカウンター

左/お施主様が、伊勢神宮で購入された立派な神棚 。





無垢のタモの一枚板のキッチンカウンター

キッチンに面したカウンター。
カウンターは、一体で組み込まれた厚いタモの一枚板(無垢)です。
上部には飾り棚とダウンライトを設け、ちょっとしたカフェタイムが楽しめそうです♪




三和土の玄関  自然素材でつくったダイニング

左/オーダーメイドの玄関戸。縦格子部分も含め、国産の赤杉でつくってあります。
明るく開放的な玄関です。
土間部分は本物の三和土(たたき)で、味わい深い質感です。

右/和モダンな雰囲気で、落ち着きのあるダイニング。
あえて天井高さを低く設定し、ついつい長居したくなる、心地良い空間です。





リビングと丸太梁  棟札

左/畳のあるリビングから、広い濡縁を眺める。
丸太梁とイサムノグチの照明が、リビングの大空間のいいアクセントになっています。

右/棟札と、地鎮祭に使った籠。
棟札には、お施主様、工務店、棟梁、設計事務所の名前が書いてあります。
次の世代の住み手のためでもあり、お施主様にとってのいい記念にもなりそうです。




無垢のタモの木の手摺  無垢の木曽桧の階段

左/階段の手摺と受け材。
タモの無垢の木で、棟梁が手刻みでつくりました。
楕円になっており、手触りがよく、握り心地が抜群です!

右/無垢の檜の厚板を、棟梁が手刻みで加工してつくった階段。
自然な生き節も、良い味を出しています。
1段1段を低く設定してあるので、とても登りやすい階段です。





暖簾で仕切る  小さなDENスペース

左/1段上がった、リビングからDENへの入口。
シンプルなオーダーの布で仕切られています。
風に揺れ、光を通す質感が何とも良いです!

右/DEN(窪んだ小部屋)の内観。
スッキリした空間で、茶室のように天井がとても低く落ち着きます。
カウンターは、無垢のケヤキの一枚板で、DENの壁は、あえてコテむらを出した漆喰塗りです。





シンプルにデザインされた桧の木枠

レベルの違う襖の上枠と、木製建具の上枠が交差した部分。
あえて、違い棚のようにデザインしてみました。





生き節の天井飾り

お施主様が工事中に偶然見つけられた、ハートマークに見える生き節。(ダイニングの天井部分)
お施主様から何とか残せないかという相談を受け、次の日の早朝、 お施主様と棟梁と永井とで急遽打合せをして、残せるのか、また、 残せるのならどう残すのかを検討しました。
お施主様に喜んで頂き何よりです(笑)。





夜の玄関廻り  漆喰壁のパソコンコーナー

左/夜の玄関。
縦格子や欄間部分から漏れる灯りが美しい。
右/ダイニングの隣にある、書斎コーナー。
道路に面しているので、プライバシーを配慮する意味からも、換気の出来る小さな窓にしてあります。
机は、ニレという無垢の一枚板の木の造り付けです。(良い味出してます!)





夜のポーチ

夜のポーチ廻り2。
純和風のようでありながら、どこかモダン建築のようにスッキリした印象のデザイン。





三角屋根の多目的室

2階の多目的室。
リビングを見下ろせ、小屋裏空間のような部屋。





丸太梁と大黒柱の見えるリビング  漆喰壁と梁の見える洋室

左/夜のリビングを濡縁から眺める。

右/玄関の隣にある洋室。
趣味の部屋として、子供部屋として、客間としてなど、フレキシブルな部屋。





玄関の飾り棚(ニッチ)  キッチンから玄関を見る

左/玄関からリビングを眺める。
右/キッチンから玄関を眺める。玄関からすぐにキッチンに行ける動線計画になっています。





建前

建前2日目の骨組み。
竣工した家と、上棟した骨組みの2つの時期が、最も見ごたえがあります。




/ 仕上げのメニュー /

[外部]

 屋根     : ガルバリウム鋼板(一文字)
 外壁     : スサ入り漆喰 (国産)
 濡縁     : 東濃ひのき (岐阜産)
 玄関戸    : 赤杉 (国産)


[内部]

 壁      : 漆喰 (国産)
 天井     : 檜板 (国産)
 大黒柱    : 東濃ひのき(24cm□・通し柱)
 柱      : 東濃ひのき (岐阜産)
 梁      : 地松 (岐阜産)
 階段     : 木曽ひのき (岐阜産)
 玄関土間   : 三和土(たたき)
 木製建具   : 杉(赤身) (岐阜産 等) ※玄関戸を除く
 床(フローリング) : タモ (中国産)
 落ち縁    : 木曽ひのき (木曽産)
 一枚板    : タモ、ニレ、ケヤキ

 ※上記の木は全て無垢材。
 ※日本の地名の書かれた材は全て国産材。


[建物概要]

 敷地面積 231.45㎡
 延床面積 122.95㎡(37.19坪)
 愛知県 小牧市
 設計  永井政光建築設計事務所
 施工  丸真ケンチク


[設計のポイントなど]

この家の特徴の一つは、現代における和風住宅の中で
も、武家社会の中で発達した書院造というよりよりは
、平安時代の貴族の住宅である寝殿造に寄っているこ
とが挙げられます。

広くて開放的な縁側空間と、それに繋がる室内の大広
間空間、そして、おおらかでシンプルな入母屋の大屋
根や、家の名前の由来にもなった、緩やかにむくった
「むくり屋根」によって、外観的に穏やかで品のある
表情になったのも特徴的だと思います。

動線的には、家の中心にキッチンを配置し、玄関から
直でキッチンに行け、キッチン中心の間取りになって
います。キッチンから、リビングやダイニング、寝室
、ストックコーナー、勝手口と廊下を介さずダイレク
トに繋がっており機能的かつ実用的な動線計画です。

リビング上部のちょっとした窪地に大きめのスピーカ
ーを配置して、天井が無垢の木であることも相まって
、リビングの大空間の音響は抜群です。おしゃれな和
風カフェのようなリビング空間で、心地よい音楽や、
時には大スクリーンで映画を楽しむなど、様々な暮ら
し方ができます。

あと、このむくり屋根の家は、ダイニングをリビング
と切り離し、独立した部屋になっています。あえて天
井高さを低めに設定し、大きなリビング空間と対比で
、落ち着きのある居心地のよい空間になっています。

私が尊敬する巨匠の吉村順三さんは、書院を基本に設
計をされていたそうで、私もその点は大いに賛同しま
すが、今回はもう少し日本の歴史を遡り、日本の歴史
の中で最も平和で風流だった平安時代の住宅文化にも
着目して、可能な範囲で取り入れた住宅になっていま
す。


余談ですが・・・むくりについて
※むくり屋根とは、寺社建築によくある反った屋根と
は逆に、ふくらんだ屋根のことです。寺社建築では、
屋根の勾配なりに架ける垂木自体を曲線にするケース
が多いのですが、今回はコスト面も踏まえ、真っ直ぐ
の垂木に曲線の部材を重ねることによって、むくりを
造りました。むくり屋根は、住宅系や皇室系で採用さ
れることがたびたびあり、京都や美濃の町家や、皇室
の別荘建築である桂離宮、伊勢神宮の内宮正殿にも使
われています。むくり屋根の一番のメリットは、直線
では得られないより自然な感じ、やさしい感じが得ら
れることだと思います。あまりむくらせ過ぎると逆に
不自然でこれ見よがしな感じになりますが、控えめな
むくりは、とても品のいい雰囲気になり、日本の住宅
建築にはよく似合う要素だと思います。





⇒ ⇒ ⇒   HOME へ戻る

⇒ ⇒ ⇒   木の家 へ戻る

⇒ ⇒ ⇒   永井政光の建築探訪

⇒ ⇒ ⇒   ナチュラル

⇒ ⇒ ⇒   町家

⇒ ⇒ ⇒   ブログ「今日のてくてく」

⇒ ⇒ ⇒   厳選された工務店と

⇒ ⇒ ⇒   メール


装飾画像

<営業エリア>

愛知県 尾張 名古屋市(緑区、千種区、天白区、瑞穂区

、昭和区、東区、西区、北区、守山区、中区、南区、港区、

中川区、中村区、名東区、熱田区)、北名古屋市、豊山町

、清須市、岩倉市、江南市、一宮市、春日井市、小牧市、

稲沢市、大口町、大治町、扶桑町、犬山市、岐阜市、

その他(要相談)